薬剤師弁理士を辞めたい時は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士を辞めたい時は?

薬剤師弁理士を辞めたい時は?

薬剤師として働いていると、調剤室にこもりっきりで仕事が単調であったり、仕事量や内容の割に給与が少ない、人間関係が悪いなどの辞めたい理由も様々です。そして、新たな目標をもって、薬剤師弁理士に転職する人もいるでしょう。いざ希望をもって薬剤師弁理士になると、仕事の幅も広がり、クライアントの大切なアイデアなどが権利化された時などやりがいを感じる場面もあります。その一方で、薬剤師弁理士になったけれど現実と理想のギャップを感じて、辞めたくなる時もあるでしょう。

薬剤師弁理士の仕事をする上で、苦労するのは出願業務には期限があるので、時間に追われてしまうという点です。出願から審査などいくつもの過程を経て、上手くいけばやっと特許が下りるという世界です。じっくり練った申請書も審査では内容が認められないとの通知が届けば、まだチャンスがあると言えども補正書などを追加の書類を作成しなければなりません。その都度、期限が設けられているので、間に合わなければその案件での特許出願が失敗に終わってしまい、お客さんに損害を与える事態にもなりかねません。そうなれば薬剤師弁理士としての信用にも関わってきます。案件は、どれもお客さんの権利や利益に関わるとても重要なものなので、薬剤師弁理士は失敗が許されないという厳しい世界なのです。責任も重いのでその重圧に耐えられないと辞めたくなるかもしれません。

更に、薬剤師弁理士は自分の実力が全て仕事の成果に反映される世界です。クライアントからは、薬剤師弁理士なので当然薬学のスペシャリストであるという目で見られます。深い知識が必要となるので、薬学分野での知識が十分に生かせないとなると信頼を損なうことにもなりかねません。薬品以外の分野も扱うとなると、専門外ですが深い知識が必要とされます。更に、特許に関する法律の改正にも対応しなければならず、専門分野以外にも新たな情報を得て、知識を深めるためにアンテナを高く張りめぐらし、日々勉強が欠かせません。困難な壁にぶつかってもクライアントのためにやり遂げる、成功させるという強い信念がなければ、挫折して辞めたくなってしまう時がくるかもしれません。

そして、薬剤師弁理士の仕事の中でも、特許に関しての説明を行うために明細書という書類を膨大に作成しなければなりません。どんな人が見ても、技術内容がよくわかるように内容や書き方を工夫しなければならず、とても大変な仕事です。文章力や構成力がないと、明細書作成が苦痛になり、上司に何度も訂正されると自信を失って辞めたいと感じる可能性もあります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.