薬剤師弁理士の悩み・ストレスは?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の悩み・ストレスは?

薬剤師弁理士の悩み・ストレスは?

日本の医療現場は、全てが過酷な労働環境とは一概に言えませんが、医師や看護師の体調不良や精神面の不安は決して少なくないのが現状です。それと同様に医療現場に関わる薬剤師も、薬歴管理やリスクマネジメントなど神経を擦り減らす仕事も多いですし、疑似照会といった精神的負担が大きい仕事も担当しているので、ストレスの負荷が大きくや悩みを持っている方も多いです。また、職場によっては多忙なためにプライベートの確保も難しくなって、ストレス発散やゆっくり悩みを相談することができないといった問題もあるのです。それから医療現場において医師や看護師を含めた医療スタッフとの連携も必要なのですが、人間関係が円滑に機能しないところあって、こうした職場での人間関係が大きな悩み・ストレスなります。しかし、そうした薬剤師の悩みやストレスへの対策が、職場で十分に行うことができないといった現状もあります。

そのような状況を打開するために弁理士の資格を取得し、薬剤師弁理士として新天地で活躍をと考える方もいます。この弁理士とは、企業のアイデア・商品・ブランドなどの発案者や会社の権利を守る仕事です。製薬会社・化学製品・化粧品会社などの企業における知的財産を守ることや特許に関係する業務もあって、このような業務を遂行する際に薬剤師の知識も必要になります。その為、薬剤師弁理士を求める製薬会社なども少なくないのです。

ただ、そこで不安になるのが薬剤師弁理士の悩み・ストレスはどうなのかという点です。薬剤師が弁理士として働く職場は、先の製薬会社・化学製品・化粧品会社などの知的財産に関連する部署や特許事務所です。基本的に職場環境としては、黙々とパソコンに向かって仕事をしていることが多いので静かです。ただ、クライアントからの電話や打ち合わせ、スタッフとの相談・打ち合わせなどもあって、これらの対応に追われることも少なくありません。弁理士として働くことは、クライアントの大切なアイデアなどを守るので、高度な仕事ができると感じやりがいがあります。しかしその一方で、いつも納期に追われる仕事なのでストレスが溜まりますし、クライアントだけでなく周囲のスタッフに対しても気づかいするストレスもあります。それから場合によっては残業量が多くなることもあって、精神的にも肉体的にも大きな負担を感じてしまうことも多いのです。

薬剤師の職場も薬剤師弁理士の職場も、基本的に同じような悩み・ストレスがあると考えられます。転職する際には、悩みやストレスが極力少なく、それらを発散できる時間が確保できる職場を選択することも大事です。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.