薬剤師弁理士の転職の自己PRは?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の転職の自己PRは?

薬剤師弁理士の転職の自己PRは?

薬剤師資格保持者で弁理士の資格を持っている人も多くいます。弁理士は近年、薬剤師であれば理系の選択科目問題が免除される制度が出来たため、より多くの薬剤師が弁理士資格を取得しています。特に製薬会社などで特許などの研究事務部門に所属している人は弁理士資格を取得しようという傾向が強いです。また、弁理士資格を取得した後、転職を考える人も多くいるようです。弁理士は最近少々軟化はしてはいるものの、それでも難関な国家資格ですし、弁理士を必要としている企業や特許事務所が多いので、さらなるキャリアアップ、年収のアップを考えるようです。

ただし、弁理士試験が難化したため、弁理士の数も増える傾向にあり必ずしも希望通りの就職がかなえられるという訳ではありません。弁理士でも特許関連の実務の経験がなければ就職が難しい場合もあります。転職を成功させるためには、第一関門である履歴書の提出、そして面接での対策をきちんとしておかなければなりません。薬剤師弁理士の転職では志望動機や自己PRもキーポイントとなります。

自己PRは履歴書でも面接でも非常に重要なポイントです。面接でも必ず聞かれます。自己PRでは自分が転職先のために何をすることができるのかを明確にし、特技を羅列するようなことは避け熱意を表すことがとても大切です。また、自己PRや志望動機は多くの人が似たような内容になりがちです。他の応募者と同様の自己PRでは全く印象に残りません。自己PRで記載したいことは1:自分が何が出来るか、2:それをどうやって就職先に生かすことが出来るのか、3:また今までの自分の功績や何を努力しているかといったことです。特に1の自分が何が出来るかでは、自分の出来ることで何を会社に貢献することが出来るのかを伝えることが大切です。

自己PRで気を付けたいのは、漠然と自分の特徴を述べるのではなく、過去の経験に基づいて述べることが大切です。自分の体験談を織り交ぜながら話せば信ぴょう性も生まれ、また面接官の印象も残り安いものです。

効果的な自己PRを作るのが苦手という人も多いでしょうが、そんなときは転職エージェントを利用しましょう。薬剤師専門の転職エージェント「リクナビ薬剤師」では、面接や履歴書の書き方についてアドバイスをもらえます。薬剤師弁理士の就職として、効果的な自己PRを作るのを専門のキャリアコンサルタントがサポートしてくれますので安心です。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.