薬剤師弁理士のやりがいは?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士のやりがいは?

薬剤師弁理士のやりがいは?

薬剤師の仕事でも病院や調剤薬局でお薬相談を受けたり、調剤業務を通して患者さんの症状回復に役立ったり、製薬会社などで新薬の開発に携わり、実際に使用の許可が下りた時ななどやりがいを感じる場面も多いものです。一方で、毎日の仕事がルーティン化しており単調であったり、他の専門職との人間関係がうまくいかないなど悩みがあったり、薬剤師としてのスキルアップのために弁理士への転職を希望する人もいます。

薬剤師弁理士になると、薬剤師の仕事の時とは違った新たなやりがいを感じる機会も増えます。弁理士はクライアントの大切なアイデアやブランド、発明といった知的財産に対し、特許を取得するという形で権利を守るという重要な仕事を担っています。クライアントにとってみれば、自分のアイデアなどが特許を取得できるかできないかは、自身の未来を左右するほどの大きな課題となります。特許取得のために、弁理士を信頼して二人三脚で目標達成に向けて頑張っていくわけなので、無事に特許取得ができた時はかなりの達成感があります。弁理士のクライアントは、個人から大企業、製薬会社や化学製品会社など規模も業種も様々です。その中でも特に製薬会社や化粧品会社などが顧客となる場合、一般的な弁理士よりも薬品や薬に精通し、専門知識のある薬剤師弁理士の方が頼りになる存在として認められ、仕事を得る上で有利に働くでしょう。弁理士としての知識はもちろん、これまでの薬剤師としての経験や知識も十分生かすことができる点もやりがいにつながるでしょう。

また、クライアントから特許取得についての仕事を引き受けると、内容によっては単に手続きを行うだけではなく、権利化を実現させるためにはどうすればよいかを考えなければならない場合もあります。権利化するためには、分析や調査などが必要となったり、違った角度から発案することもあります。つまり、相談を受けてクライアントと一緒に考え、自分のアイデアが取り入れられ、それが特許取得に結びつくという意味でやりがいを感じることができます。

他にも弁理士は国内のみならず、国際特許出願や鑑定など海外を相手とする業務も担っています。これまでの仕事にはなかった、中国語や英語などの語学を駆使したグローバルな活躍ができるということもやりがいにつながると言えるでしょう。更に仕事を通じて、外国語で会話したり、書類を翻訳する機会も増えるので語学力を磨き続けるうちにどんどんスキルが上がるため、それがやりがいになるという人もいるでしょう。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.