薬剤師弁理士の定年は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の定年は?

薬剤師弁理士の定年は?

薬剤師としての知識や経験を活かしながらも、従来の業務と違った環境で働くことが可能な仕事という点が、薬剤師弁理士の大きな特徴のひとつです。弁理士とは、特許や商標登録などを含めた企業の知的財産を取り扱う仕事で、それらの登録の手続きなどをサポート・代行を主な業務として行っています。このような業務をする弁理士なら薬剤師としての知識や経験を活かすことができないのではと疑問に感じる方も少なくないでしょうが、実は薬剤師と弁理士にも関係性はあるのです。それは、製薬会社・化学薬品会社・化粧品会社などにおいて、薬剤に関係した特許や商標登録を必要とすることがあるからです。特に、製薬会社では莫大な費用と長い歳月をかけて新薬を開発するのですから、関連する権利も様々でそれを保護する必要があるのです。このようなことから薬剤師の資格を取得している弁理士が、製薬会社などの企業から求められるといった需要が考えられるのです。

20代・30代で薬剤師弁理士として企業に転職する場合は、なかなか意識することがないでしょうが、40代・50代で転職する場合には「定年」という言葉も気になるものです。その為、薬剤師弁理士の定年はどうなのかと考える方も少なくありません。製薬会社などの企業に勤務するのですから、どのような立場でも定年というのが会社で定められていると考えられます。一般的には60歳定年で65歳までの雇用延長が可能というのが多く見られますが、あくまで社内規定によると認識しておく必要があります。ただし、弁理士というクリエイティブな業務をしているので、社内規定による定年の年齢に達していなくても、能力が低下すると担当業務が変更になったり、退職を相談されたりする可能性も考えられます。

このように企業に勤務する弁理士となれば定年になることがあります。しかし、弁理士を含めて弁護士や司法書士などと言った士業に関しては、独立開業といった選択肢もあるので実質定年がありませんし、その定年がないという点が士業のメリットと考えることができます。その為、もしも製薬会社などで勤務していて、社内規定により定年となった場合でも、独立開業して弁理士として活躍することは可能です。しかし、独立開業すれば定年は関係ないと言っても、顧客に対して提供するサービスの質が低下する場合には、第一線から退く定年というのも考えなくてはなりません。自己都合で考えるとまだまだ現役で働くことができると言っても、顧客の依頼を取り扱う仕事ですから引き際が大事になると認識しておくことも重要なことです

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.