薬剤師弁理士の転職の履歴書は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の転職の履歴書は?

薬剤師弁理士の転職の履歴書は?

薬剤師として弁理士職を探す場合、まず大切なのは履歴書です。面接官がまず最初に目にするものが履歴書ですから与える印象も非常に大きく、履歴書イコールその人というイメージを持ちます。そのため、履歴書は丁寧に書く必要があります。

履歴書を書くうえで、何が一番大切なのでしょうか。その内容ももちろんありますが、履歴書の体裁も非常に大切です。まずは丁寧になるべくきれいに履歴書を書くようにしましょう。履歴書を最初に見てきれいな字であれば多くの人が綺麗な履歴書だという印象を持つでしょう。また、綺麗な字であればきちんとした人物だというイメージを持つことも多々あります。次に大切なのが写真です。面接官はあなたの顔を見たことがありませんから、その写真のみでイメージを抱きます。写真の中の身だしなみも大切ですが、写真もスピード写真ではなくカメラ屋さんに撮ってもらったほうが印象が良いでしょう。スピード写真は見てすぐにわかり雑な印象を与えます。履歴書に誤字脱字がないかどうかもとても大切ですが、間違いを修正液などで修正するのもお勧めではありません。ぱっと見た時汚いですし間違いがすぐにわかってしまいます。間違えたら書き直すようにしましょう。また、履歴書は出来るだけ志望先によって変える必要があります。履歴書自体がよれよれになりますし、志望動機や自己PRは個々によって書き分けなければなりません。

薬剤師便利として履歴書で気を付けることですが、薬剤師と弁理士という2つの資格を持ち合わせているというのが最大の武器ですのでそれを積極的にアピールしなければなりません。弁理士の資格はいつ取ったのか、なぜ弁理士の資格を取ろうと思ったのか、そして今までの特許関連での仕事についてもアピールの必要があります。特にそれをアピールできるのが自己PRや志望動機です。自己PRについては、自分の長所について述べ、それが何故会社に役に立つのかを説明する必要があります。自己PRについては、人と同じようなPRをしていては印象に残らないので自身の体験談などを織り交ぜて話すのがおすすめです。志望動機についても、なぜ志望するきっかけになったのか自身の体験を元に書きます。また、弁理士は語学力も必須ですので資格欄にTOEICのスコアなども忘れずに書くようにします。

薬剤師専門の転職エージェント、リクナビ薬剤師ではこうした履歴書の書き方や面接の対応方法についても専門のキャリアコンサルタントに指導してもらうことが出来ます。自分だけでは気づかないようなポイントも直してもらえます。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.