薬剤師弁理士の残業は多い?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の残業は多い?

薬剤師弁理士の残業は多い?

薬剤師の仕事は、他の業種に比べると残業時間数は少ないという調査結果もあり、比較的残業により苦労は多くない職業だと言えます。ただ、薬剤師といっても病院やドラックストアなど職場によって業務負担も異なります。調剤薬局勤務だと医薬分業が進み、処方箋を持参した患者さんが多数訪れる薬局は忙しく、なかなか時間通りに仕事が終わらないものです。また、製薬会社などでも新薬の開発などが大詰めになってくると残業が増えるケースもあります。それでは薬剤師弁理士は残業が多いのでしょうか?薬剤師弁理士は主に企業の知的財産部門や特許事務所で活躍しますが、一般的に勤務時間が決まっており、18時頃を定時としているところがほとんどです。特許事務所は特許庁の休日に合わせて、土日や祝日は休みとなっているところがほとんどです。

その時に抱えている案件が多かったり、急を要する案件の場合は時間に関係なく残業を余儀なくされることもあります。就職した特許事務所が次々と案件を引き受けるような、人気の事務所だとかなり忙しくなる可能性もあります。以前よりも、企業や他の個人に真似されないように、アイデアやブランドを権利化しなければという意識が高まっている風潮にあるので、弁理士の仕事も忙しくなってきている傾向にあるのです。また特許の申請というのは時間との戦いで、もし競合する企業などがあれば先越されてしまうと特許が取得できないという事態になってしまいますし、契約上の問題や利益なども絡んでくるので一刻を争うケースもあります。特許申請の手続きには、出願から審査、査定など様々な過程を経なければなりません。それぞれの段階では期限が決められているので、もし間に合わなければ権利が取得できなくなってしまいます。

また、どんなに急いでも特許取得には1、2年は要します。手続きも複雑なので、まだ薬剤師弁理士になりたてで経験が浅いと、比較的シンプルな案件でも時間がかかってしまいます。間に合わせるためには、残業せざるを得ないときもあります。残業だけでは足らないと、土日などの休日も出勤して仕事をしなければならない時もあるでしょう。しかし、いつまでも繁忙期が続くというわけではないので、一般的には大きな案件がうまくいけば少し落ち着いてくるでしょう。また、働きながら弁理士の資格を目指したり、スキルアップのために専門学などに通う人も多いです。仕事帰りに通学する人がほとんどなので、その場合は残業時間を減らしてくれる職場もあります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.