薬剤師弁理士で海外に携わるには?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士で海外に携わるには?

薬剤師弁理士で海外に携わるには?

薬剤師が弁理士の資格を取得すると、弁理士として特許・商標・意匠などの知的財産権に関係する手続きを代理することができます。また、契約交渉・仲裁事件の手続き・訴訟といった登録後に生じることも含めて、特許に関連することについての業務を行えます。ただ薬剤師と弁理士が結びつかないと考える方も少なくないですが、製薬会社・化学製品・化粧品会社などで、企業の知的財産を守ることや特許に関係する業務もあるのです。つまり、薬剤に関する知識があって特許に関連する業務が遂行できる人材が必要で、薬剤師弁理士という人材を企業で雇用するのです。

また近年はグローバル化も進み大手製薬会社や国際特許事務所などでは、国内のみならず海外での特許出願が必要になることもあります。その為、薬剤師弁理士も海外に携わる仕事を遂行する可能性も多いです。ただ、日本の知的財産に関する手続は日本の弁理士しかできなくて、海外の国々も同様にそれぞれの国で、それぞれの弁理士が行うことになります。つまり国際弁理士と言った資格は存在していなくて、海外での特許出願を行うためには、各国の資格を取得するかその国の弁理士に手続きを代行してもらうしかありません。しかし、このように国際的に薬剤師弁理士として活躍する機会があって、日本の薬剤師弁理士であっても海外に携わる可能性は大いにあるのです。

では、薬剤師弁理士で海外に携わる仕事をするためには、どのようなことが必要になるのでしょうか?海外に携わるのですから語学は大切で最低でもビジネス英語は必須と言えますが、それ以上に大切なことはコミュニケーション能力と言われています。海外での特許出願などにおいては大量の情報が行き来するので、その際物事が上手に運ぶ為に必要になるのがコミュニケーションなのです。また、リーダーシップを持ってプロジェクトマネジメントできる能力も必要で、薬剤師弁理士で海外に携わるには語学力・コミュニケーション能力・マネジメント能力が重要になります。

では、そうした能力を磨くためには、どうすれば良いのかというと、実は日本国内で仕事をしていても海外で役立つスキルを身に付け磨くことができるのです。リーダーシップをとってプロジェクトを行うことは日本の仕事でも必要なので、能力を磨くことは可能です。また、日本国内の仕事で根本的な要素となるコミュニケーション能力を上達させることも可能で、国内で身に付けた能力がそのまま海外でも通用するのです。それから国際弁理士連盟日本協会や日本弁理士会の国際活動センターなどを利用することで、国際的業務遂行の参考となる情報が得られます。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.