薬剤師弁理士の転職の志望動機は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の転職の志望動機は?

薬剤師弁理士の転職の志望動機は?

転職の際、重要視されるのがその志望動機です。どうして薬剤師弁理士になったのか、どうして転職をしたのか、そのポジティブな理由を語るのが志望動機です。転職をするには実際には色々な理由があるでしょうが、面接や履歴書での志望動機の際にはネガティブな部分には触れず転職をするきっかけになった良い理由を述べなくてはなりません。

特に未経験者にとっては、志望動機は最も大切です。特許関連の仕事の経験がないわけですから、働いてみて「思っていた仕事と異なる」として辞められては大変です。そのため、面接官も志望動機については注意して確認をしています。一般的に薬剤師は薬を調剤する、または研究開発をするというのが仕事で、デスクワークというよりは実務を多くこなす業務です。特許関連の仕事はそれとは全く逆で文献をまとめたり、研究者の記録をまとめたりしながら特許出願用の書類を作成するという事務作業に従事します。いうなれば通常の薬剤師の業務内容とは大きく異なりますので、何故未経験で特許を目指すことになったのかきっかけを語る必要があります。

志望動機として参考にできるものの例をいくつか挙げると「特許の大切さが分かった」「語学を生かせるような仕事をしたい」「研究者側の立場から特許関係者と接しているうちに特許が魅力的に感じるようになった」「会社に頼らず独立して仕事をしたい」などなどです。特許というと「ものづくり」というイメージがあり、「日本のものづくりに貢献したい」というような志望動機も良く見受けますが、決まり文句のようになってしまっています。できるだけ自分の言葉で、自分の経験をいかしたようなエピソードを織り交ぜながら志望動機を述べるのが良いでしょう。

特許関連経験者であれば、「新しい分野にチャレンジしたい」とか「自分の力をさらに発揮できるような場所に就職したい」などといった志望動機が当てはまるでしょう。自分の経験から転職先に何を生かすことが出来るのかを考えてなるべく具体的にしてそれを述べると信ぴょう性があります。

薬剤師弁理士として転職を考える場合、薬剤師の転職サイトを利用するのがおすすめです。弁理士の項目で絞り込んで検索することが出来ます。「リクナビ薬剤師」では特に薬剤師の転職情報に卓越した専門のキャリアコンサルタントが丁寧にサポートをしてくれます。履歴書や面接の対応方法についても指導してくれます。もちろん志望動機についても一緒に調書などを考えてくれます。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.