薬剤師弁理士の女性向けの求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の女性向けの求人は?

薬剤師弁理士の女性向けの求人は?

薬剤師は女性も多く、男女関係なく働ける業種の一つだと言えます。ただ、薬剤師弁理士となると、日本弁理士会の会員構成でいえば約8割は男性が占めており、弁理士の世界はまだ男性社会だと言えるかもしれません。しかし弁理士試験合格者の女性の割合は少しずつですが年々増えているのが現状なので、女性でも実力があれば十分能力を発揮できる業種でしょう。技術に関する知識という観点ではどうしても男性の方が優位に思われがちですが、弁理士が膨大な量の明細書を作成したり、直接クライアントとの交渉や相談などを行うため、女性ならではのきめ細やかさや気配りが必要とされる場面も多く、女性の薬剤師弁理士を必要とする企業や特許事務所も多いでしょう。

女性が薬剤師弁理士として働く場合、やはり気になるのが女性でもキャリアアップが望めるのかという事でしょう。求人を探す際は、女性の弁理士が所属していたり、女性社員が占める割合が多い、女性が役職に就いているなど女性が活躍しているという実績がある職場がおすすめです。また、女性の薬剤師弁理士が就職する際に、妊娠出産によりキャリアの道が閉ざされないか?など育児と仕事の両立を気にする人も多いでしょう。

将来的にも長く薬剤師弁理士と働くつもりなら、育児しながら働ける環境が整っている求人を選ぶことが大事です。出産、育児休暇制度があってできるだけ長く休暇が取れたり、育休復帰後は時短勤務や宅勤務も可能であったり、残業などもある程度は免除されるなど福利厚生が充実している職場もあります。また、中規模以上の企業なら会社の敷地内や提携している託児所があったり、保育料の一部を負担してくれるといった制度が整っている企業も実際にあります。

ただ中小規模の特許事務所だと、一般的に一人の弁理士が抱える案件が多いため、多忙を極めてなかなか休暇やフレックス勤務がしにくい環境の職場もあります。女性が長く働き続けるのは、弁理士の数も多い比較的大きな特許事務所や、企業の知的財産部がおすすめです。出産後も育児をしながら薬剤師弁理士として活躍することは十分可能ですが、以前と同じスタイルで働き続けるのは難しいケースもあります。薬剤師弁理士は期限にまでに必要な手続きを終えなければならず、子供が急病になったからといって期限を延ばしてもらうことはできません。急に休んでも自分が困らないように期限に合わせて早めに仕事を進め、しっかり業務管理をしていくスキルも必要となるでしょう。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.