薬剤師弁理士の学歴不問の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の学歴不問の求人は?

薬剤師弁理士の学歴不問の求人は?

薬剤師になるには薬科大学か大学の薬学部で6年間のカリキュラムを修了し、国家資格に合格することが条件となっています。一方で弁理士の受験資格は特に設けられておらず学歴不問となっているので、誰でも受験するのは可能です。ただ、試験内容が特許に関する法律や、工業特許に関係する業務がメインとなるので、どうしても理工学部出身の人が多い傾向にあります。実際に、弁理士試験合格者も理工学部出身者が例年8割近くを占めています。弁理士は国家資格では司法試験に次ぐ難関な試験だと言われているので、学歴不問であっても、受験者は自然と試験に有利な理系学部出身者が多くなります。

一般的にも、弁理士自体の求人は高専や理工系の大卒や院卒などを学歴の条件として設けている求人もあります。更に、理工系でも特に機械や電気、物理、通信やソフトウェアなどの分野に長けている人材が求められる傾向にあります。一方で、学歴として大卒や院卒以上とだけ条件を付け、特に出身学部までは指定していない求人もたくさんあります。

また短大卒もしくは高専卒以上や、更に学歴不問としている求人もあるなど、弁理士自体の求人では学歴はあまり重要視されない雰囲気があります。そのため、薬剤師弁理士に関しては、学歴というよりは薬剤師の資格を有することを条件として設けている求人はあるでしょう。ただ、薬剤師に資格を有する=薬学に関しての専門知識に備わっており、経歴があれば仕事での実績もあるとみなされます。

特許事務所などの学歴不問の求人であっても、薬剤師の資格を有しているだけで就職にはかなり有利に働く可能性は高いでしょう。また、製薬会社などでの勤務経験があれば、薬などの特許業務に生かせると考えられるため、学歴以上に重要視される可能性はあります。しかし例え製薬会社勤務などの経歴がなくても、特許出願技術者に関しては未経験でも歓迎とする求人が多いので、薬剤師の資格と経歴を武器にすれば就職できるチャンスも広がっていると言えます。

また、難関と言われる弁理士の国家資格を取得してから就職しようと思っても、なかなか合格できない場合も考えられます。特許に関する求人においては無資格でも可能としている所が多いので、一先ず就職して実務経験を積みながら、学校に通って弁理士の資格取得を目指すという人もいます。薬剤師弁理士の求人に関しては、学歴というよりは薬剤師としての知識や経歴をうまくアピールしていくことが就職の成功につながると言えるでしょう。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.