薬剤師弁理士の転職のコツは?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の転職のコツは?

薬剤師弁理士の転職のコツは?

弁理士は、取っておきたい役に立つ資格でも7位にランクインするなど、非常に有益な資格です。ただし、実務経験がない場合、弁理士資格を取得しても転職が難しい場合があるなど、必ずしも薬剤師が弁理士資格を取得したからと言って高給が取れるとは限りません。ただし、薬剤師の収入が年収400万円〜600万円が平均であるのに対し、弁理士であれば平均年収は800万円とかなり高額の収入が見込める可能性があります。

それでは、弁理士として転職できるコツは何でしょうか。まず、薬剤師弁理士として転職するのに有利なポイントは何かというと、その1つが経験です。特許関連の実務経験が有るのは転職に大きく有利になります。特許関連での実務経験が無い場合、いかに弁理士と言えど就職がうまくいかない場合があります。もし実務経験がない場合は、40台になる前に転職をしないとかなり条件が厳しくなります。20代であれば多くの特許事務所で経験のない弁理士を採用してくれますが、企業への転職を考えると20代でも未経験だと転職が難しい場合もあります。薬剤師弁理士の転職で他に優位なポイントは語学力です。海外の文献を確認したりするほか、海外への国際出願も数多いため語学力が高ければより就職しやすくなるでしょう。TOEIC600〜700点くらいの語学力が要求されますので、弁理士を目指す場合は弁理士試験の勉強とともに語学力も身に着けておく必要があります。

また、企業での薬剤師弁理士を目指す場合は、例え違った業種でも特許関連の部署にいた経験があれば有利に働きます。たとえば製薬会社での特許部の勤務経験があるが、近年は業界に違った風やアイデアを吹き込みたいという考えから違った業種の人も積極採用をしている会社も多くみられます。

薬剤師転職のコツの1つとしては、良い求人を見逃さないことです。薬剤師弁理士の場合、機械や電気、通信などに比べて求人が少なくなっています。そのため、良い求人の比率も少なくなっている可能性があります。良い求人がでたら見逃さないようにアンテナを巡らせている必要があります。転職エージェントに登録をしておけば、求人があればすかさず連絡をしてくれますし、インターネットなどに掲載されない非公開求人を紹介してもらえることも多くあります。非公開求人は優良企業が多く、また誰にでも公開されているわけではないので応募の倍率なども一般より少なく受かりやすくなっています。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.