薬剤師弁理士は独学が多い?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士は独学が多い?

薬剤師弁理士は独学が多い?

薬剤師弁理士として働くには、薬剤師でありながら知的財産のエキスパートである弁理士の国家資格を取得する必要があります。弁理士の資格取得を目指して、独学で勉強するという人もいます。試験対策用の問題集や参考書なども普通に書店にあるので、自分のペースでコツコツ勉強することも可能です。ただ弁理士国家試験は、知的財産権などの法律の関する専門用語や基礎知識を問われる内容になっており、合格率も6%前後と難関です。せめて特許事務所などでの実務経験が全くないと、独学で理解するのは難しいと言えます。

更に、出題範囲も広いので、必要な参考書などを揃えるとなると、ある程度出費もかさみます。また、特許法などは数年ごとに法改正される場合もあるので、独学で勉強すると法改正に対応できないこともあります。最新の試験情報を手に入れつつ、課題の添削や質問ができる通信講座を利用するケースも多く、全くの独学という人は少ない傾向にあります。弁理士になるには、知的財産に関する法律や法令など、幅広い知識が必要となるのでかなり勉強しなければ合格できません。平均して3000時間位は勉強を要する量、内容だと言われています。薬剤師として働きながら勉強する人だと、勉強時間を捻出するのは容易ではありません。

ポイントを押さえて要領よく勉強するには、やはり専門学校に通ったほうがよいでしょう。費用はそれなりにかかりますし、授業の時間割も決まっているので通うのが大変かもしれません。しかし、専門の講師がしっかり教えてくれるので難解な専門用語も理解しやすく、わからない所はすぐに質問できるので勉強がスムーズに進みます。弁理士の専門学校は色々ありますが、中でもLEC東京リーガルマインドは、一発合格の3人に2人が校の出身とされています。このように毎年多くの合格者を輩出しており、弁理士予備校の名門だと言われています。教室は各地にあるのでアクセスしやすく、初心者コースと2年目以降のコースが選べたり、講義に出席できなくても個別モニターなどで補習が受けられたりとサポートも充実しています。

また、資格のTACも弁理士コースも有名で、一発合格を目指す場合、もしくは2年計画で合格を目指す場合など合格目標となる年数に応じてコースが分けられています。カリキュラムが凝縮されていて、最大でも週2コマで授業が進められます。弁理士は専門用語が多く、法律や手続きの仕組みも難解なので、独学よりも専門学校へ通うことをおすすめします。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.