薬剤師弁理士の年齢不問の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の年齢不問の求人は?

薬剤師弁理士の年齢不問の求人は?

年齢制限を設けている弁理士の求人は、転職サイトなどでもあまり見かけないので、年齢は採用にあまり関係ないのかな?と思う人もいるでしょう。しかし、求人で年齢不問となっていても、実際の特許事務所などで求められる年齢というのは、未経験だと大体35歳から40歳未満がボーダーラインとなっている傾向にあります。薬剤師弁理士も同様ですが、弁理士の仕事は専門性を極め、案件によって対応の仕方も異なるので、案件を数多くこなして、実務経験を積むことが大事だとされています。

未経験で弁理士へと転職して、一人前の薬剤師弁理士になるには少なくとも5年以上はかかると言われています。そのため年齢不問となっていても、30代なら薬剤師の資格と経歴が転職の強みなるので、転職が成功する可能性は高いと言えます。実際に、30代なら特許事務所などでは未経験であっても、理工系学部出身で電気や機械工学、通信やソフトウェアなどの専門知識があって、更にTOEIC650点以上位の英語力が備わっていて、学卒もしくは院卒の人材なら全くの異業種からの転職でも積極採用される傾向にあるのです。

ただ、特許関連実務に関しては未経験なので、弁理士の資格を有していても始めは特許事務員や特許技術者のアシスタントとして採用されるケースがほとんどです。また、40代以上になると特許関連実務未経験で転職しようとすると、やはり年齢が不利に働いて求人を見つけるのは急に難しくなってしまいます。それでも、薬剤師の資格を有し薬学の知識に長けていて実務経験がある人材なら、求人によっては望みが全くないというわけではないので、根気よく探していけば求人が見つかる可能性はまだ残されています。

一方で特許関連実務の経験があり、キャリアのために転職するという場合は、逆に40代以上の方が積極採用されることがあります。多くの案件を抱え、また急を要する案件が突然舞い込むような特許事務所や企業の知的財産部門は、即戦力となる人材を喉から手が出るほど求めています。40代以上でそこそこの特許関連実務キャリアがある薬剤師弁理士の場合は、即弁理士としての手腕を発揮してもらえると判断され、より条件のよい転職先も見つけやすいと言えるでしょう。薬剤師弁理士の求人は年齢不問としている求人が多いですが、実際には弁理士として即戦力になるか否かを判断し、未経験なら一人前の弁理士になるまでの年数や、一人立ちしてから職場に貢献できる年数を考えると、やはり30代までが一番転職を成功させやすい年齢だと言えるでしょう。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.