薬剤師弁理士の定年後の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士の定年後の求人は?

薬剤師弁理士の定年後の求人は?

定年後の転職というと年齢的にも求人が少なく、かなり難しいイメージがあります。しかし薬剤師弁理士の場合は、薬学に長けており弁理士としてのキャリアがあれば定年後の再就職の可能性も残されています。今までは60歳が企業などの定年退職の年齢とされてきましたが、高齢化に伴い65歳まで延長する企業もあります。どこの業界でも知識も経験もある即戦力となる人材が不足している現状なので、定年を迎えた60代の人であっても、薬剤師弁理士としてのキャリアがあれば、何もキャリアがない人に比べれば再就職は有利に働くでしょう。

薬剤師弁理士の定年後の求人としては、年齢的に正社員は難しいので弁理士資格と実務経験があれば、他の業種よりはやや高時給の臨時雇用や派遣社員、アルバイトなどでの求人が見つかる場合もあります。弁理士全体の約1割から1.5割は定年を迎える60代以降の人材が占めているので、定年後といえどもまだ弁理士の需要はあると言えるでしょう。ただし、さすがに20代や30代の若い薬剤師弁理士の転職に比べると、求人数はぐっと少なくなるので厳しいのが現状だということは覚えておきましょう。

定年後の就職先としては、先述した通り30代40代の人と同じように正社員としてまた始めるのはかなり難しいので、ある程度のキャリアがあるなら企業や特許事務所の管理職として採用してもらうか、部下を教育するなど後進の指導に当たる立場になったり、大きな案件を取りまとめる幹部として再度手腕を発揮するという道があります。ただ、弁理士は電気や機械、ソフトウェアなどの分野での求人が多いので、製薬会社など医薬品のスペシャリストである薬剤師弁理士を求める企業は少ないのが現状なので、転職サイトなどを活用しながら根気よく探していくことが大事です。

また、今までの職場で付き合いのあった企業や特許事務所との間にできた人脈を使って、定年後に再就職するというパターンもあります。人脈であれば自分のキャリアや人柄、仕事のスキルなども、これまでの仕事ぶりや付き合いの中で先方が良く分かっているため、採用もスムーズにいく可能性があります。また企業や特許事務所の定年後求人を探すのが難しい場合は、定年退職する同業者と一緒に特許事務所を立ち上げたり、独立開業して自分が経営者となるかという選択肢があるでしょう。定年までのキャリアと人脈があれば、それをベースにして新たに事業を始めても軌道に乗せられる可能性も高まります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.