60代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 60代の薬剤師弁理士の求人は?

60代の薬剤師弁理士の求人は?

60代での転職というと一般的には難しいですが、薬剤師弁理士であれば転職の可能性は大いにあります。60代というと、企業ではまだまだ働き盛りなのにも関わらず、定年退職をする年齢に差し掛かり、多くの人が退職後の就職先に困ってしまっているという時期です。多くの退職者が仕事に就くことが出来ずに、パートやアルバイトなどをしている人も数多く存在します。

それでは弁理士の場合はどうかというと、60代でも転職できる可能性があるようです。その就職先ですが、企業で定年退職となった薬剤師弁理士が他に就職先を探す場合、特許事務所や企業に顧問として就職する、そして自身で特許事務所を開業するといった選択肢があります。弁理士の場合、35歳までは経験がなくても理系出身であれば積極採用してもらえるところが多く、それ以降は経験が必要になっていきます。60代であれば当然経験が求められますが、管理職や幹部候補としての採用となることも多くあります。また、そうでなくても弁理士資格があれば臨時雇用やパートタイム扱いで高時給にて採用されることもあります。60代でも便利として活躍している人々は全体の14%にも及ぶのです。それでも、20代の転職に比べれば60代での転職は数が限られており厳しい場合もあります。

弁理士として最も必要とされているのが機械や電気、通信といったエリアで、これらの学科を卒業している弁理士は多くの特許事務所がのどから手が出るほど欲しい逸材です。それに比べると医薬関連専門の薬剤師弁理士は求人が少なくなります。これは企業の規模や医薬の出願が電気や通信に比べて少ないためでそれは致し方のないところです。そのため、良い求は見逃さないようにアンテナを張り巡らせておく必要があります。薬剤師弁理士の60代での就職は非常に慎重に行わなければなりません。

企業の知的財産部などに勤務していて、定年退職後に特許事務所に再就職を考える薬剤師弁理士の場合は、天下りのような場合もあります。今まで企業で懇意にしていた特許事務所などにツテで再就職をするような場合もあるでしょう。そのような場合は、今までの功績などを特許事務所は知っていて採用されるので特に問題はありません。

60代で転職する場合、薬剤師の転職エージェントに登録し、良い求人を待つのが良いでしょう。自身の今までの功績などを丁寧にエージェントのコンサルタントに伝えキャリアアップを図ります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.