50代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 50代の薬剤師弁理士の求人は?

50代の薬剤師弁理士の求人は?

40代、50代になりキャリアを重ねていき、弁理士の資格を取得するような人は、自信の得意分野でキャリアアップを図り幹部候補を目指すか、自分の得意分野で絶対的な資格を取得し転職で有利にしようと考えている場合が大半です。50代で弁理士資格を取得し、転職を考える場合は、得意な分野で多くの人がキャリアアップを図りますが、他分野への転職を考える場合でも弁理士という資格が武器になることもあります。弁理士は理系の弁護士、弁護士資格についで難関と言われるような資格の為、資格を持っているだけで博がつきます。いわゆるステータスとなりますので、転職の際にも博がつきます。社会において高い信用を得ると言っても過言ではありません。

50代での薬剤師弁理士の求人ですが、50代ともなると特許関連での経験がないと転職が厳しくなります。これは企業でも特許事務所でも同様です。40代でもかなり厳しいですが、それでも少しは可能性がありますが、50代で未経験の人の転職できる可能性は殆どないと考えたほうが良いかもしれません。また、特許関連の経験があっても他業種や他分野への転職も厳しくなります。しかし、薬剤師弁理士として何年間も企業で活躍してきた場合、他社への転職でキャリアアップできる可能性もあります。

特許事務所も50代のベテランの薬剤師弁理士の採用には積極的です。企業での弁理士経験が長ければ、その企業でのノウハウを十分習得していますので、それを新しい職場で生かすことができます。また、特許事務所にも幹部候補として入社出来ますし、新しい人脈を特許事務所に持ってきてくれる可能性も高くなります。企業から特許事務所への転職であれば、実力のある50代の場合、キャリアアップが見込める場合が殆どです。

たとえば企業では年収が1000万円だったものが、特許事務所に転職後年収が1500万円になったということは多々あります。人脈なども沢山持っている50代の弁理士薬剤師の場合、特許事務所での歩合制での勤務のほうが給与が高くなる可能性が高いです。

また、50代でもう1つの選択肢が特許事務所の自信での開業です。長い間勤めていた会社や特許事務所を退職して新しく自身の事務所を開業するという人も多くいます。50代であれば今まで自分が培ってきた長年の経験を生かせますしまたコネクションなども生かすことが出来ます。50代でよりキャリアアップを目指しての転職は、薬剤師専門の転職エージェントを利用することがおすすめです。条件の良い求人を沢山探してもらうことが出来ます。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.