40代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 40代の薬剤師弁理士の求人は?

40代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士として転職を考える場合、40代での転職はどうでしょうか。40代でも薬剤師弁理士の求人は出ているのでしょうか。弁理士という専門的な資格を持っているため一般の人に比べ年齢を重ねても転職がしやすくなっています。ただし、やはり40代で薬剤師弁理士という資格を持っていても特許関連の仕事が未経験であれば就職は厳しいようです。

薬剤師弁理士の就職先は大まかに分けると、製薬会社や化学メーカーなどの企業の特許関連に勤務する、特許事務所に勤務するなどです。特許関連の実務に3年程度の実務経験があれば企業でも特許事務所でも就職先には困らないはずです。製薬会社に40代で勤務する場合は、部署の幹部候補として雇用されたりするなどさらなるキャリアアップのチャンスも増えていきます。特許事務所の中には40代の未経験者でも弁理士資格をもっていれば勤務できるところもあるようです。

ただ、求人情報で最も多い年齢は20代〜30代で未経験でも採用される可能性がかなり高くなっています。40代での転職はそれに比べもっと慎重に行う必要があります。特に特許関連での勤務経験がない場合、企業での40代の採用はかなり厳しいのが現状です。特許事務所によっては採用してくれるところもありますが、その可能性も20代、30代と比較するとだいぶ厳しくなるのが事実です。未経験の場合は、何か自分に他の人にはない強みがあることを強調できれば、採用される可能性も高くなります。たとえば、語学力が著しく優れているなどです。

40代での薬剤師弁理士の求人では、キャリアアップも見込め、給与アップの可能性も広がりますので、慎重に求人を探す必要があります。薬剤師専門の転職エージェントや弁理士のための転職エージェントなどがありますので、複数登録しておき、良い求人を見逃さないようにする必要があります。弁理士などのキャリアアップ出来る求人は多くの場合非公開求人という枠組みでウェブサイトなどで探すことが出来なくなっている場合が多いです。非公開求人はエージェントの担当者に紹介をしてもらう必要があります。

リクナビ薬剤師でも多くの優良企業の非公開求人を抱えており、適任だと判断すれば紹介してもらうことができます。リクナビはキャリアコンサルタントの質も非常に良く、メディカル関係の勤務経験があるなど薬剤師情報に詳しい人が多いので色々なことを相談に乗ってもらえます。自分の強みを強調できるような履歴書の書き方や面接の対応方法に至るまでアドバイスをもらえます。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.