30代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 30代の薬剤師弁理士の求人は?

30代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士が30代で転職を考える場合、どのような就職先があるのでしょうか。薬剤師弁理士の主な就職先ですが、大きく3つに分けられます。まずは製薬会社を中心とした企業、そして特許事務所や国際特許事務所、最後に自信で特許事務所を開設するとなります。製薬会社などの企業では特許部や法務部に勤務することとなります。

30代での転職の場合、勤務経験が有る、無しではどう違うのでしょうか。20代であれば勤務経験がなくても将来性を買われて採用されることが多くあります。20代の場合、弁理士資格がなくても弁理士志望者であれば採用されることもしばしばあります。30代ではどうかというと、20代と比較すると条件は少し厳しくなります。製薬会社などでは転職者の場合、実務経験を重視する傾向が多く薬剤師弁理士で実務経験が全くないと、20代に比べ就職が少し難しくなるかもしれません。

特許事務所の場合は、事務所の傾向によります。30代でも薬剤師弁理士であれば未経験でも採用されるチャンスも数多くあります。ただし、20代と比較すると経験者が優遇されることが多くあります。30代で未経験で転職する場合、薬剤師としてそれまでどのような経験を積み、それがどのように生かされるかという自己PRなどもとても大切になっています。未経験でも採用したいと思われるような魅力的なバックグラウンドを持っていてそれをどれだけアピールできるかもポイントになります。 

30代の薬剤師弁理士であれば、20代と比較してさらに能力などが要求されます。弁理士にとって大切なのが語学力です。製薬会社の場合、大手企業であれば必ず国際出願をしますし、特許事務所では、大手企業からの国際出願を請け負う場合がかなりあります。もちろん外資系企業であれば普段からやり取りを英語で行う場合も多く、また国際特許事務所のように国際案件を多く取り扱う事務所ではなおさら語学力が要求されます。

30代であれば、企業に勤める場合業種が異なっていても、特許関連の経験があれば薬剤師弁理士として可能なことも多くあります。たとえば製薬会社から化粧品会社への転職などです。化粧品会社でも多くの化学薬品を使いますので、製薬会社勤務の経験を生かすことができます。また、最近はこうした業種違いの採用というのも積極的に行っている企業もあります。業種が違えば、体質が大きく異なり違った技術を取り入れることが出来るという利点もあります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.