20代の薬剤師弁理士の求人は?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 20代の薬剤師弁理士の求人は?

20代の薬剤師弁理士の求人は?

弁理士といえば難関で高給のイメージがあります。薬剤師でなおかつ弁理士資格を持っていれば良い年収を得ることができ、また就職にも困らないと思っている人が大半だと思います。ところが、昨今では弁理士試験が軟化したため弁理士の合格率が高くなり、たとえ薬剤師で弁理士であったとしても能力がなければ就職に困る場合も出てきています。年齢が若ければより良い企業や特許事務所に就職できる可能性があります。20代の薬剤師弁理士の求人も数多く見つかります。

弁理士資格を取得した薬剤師が転職を考える場合、未経験であれば最低でも35歳〜40歳までには転職をする必要があります。最近は弁理士の数が増えたため、未経験だと採用されづらくなっていますが、20代であれば経験有り、無しに関わらず将来性を買われての採用が数多くあります。20代であれば、弁理士の資格を取得していなくても弁理士として勉強中であれば弁理士志望者も将来を買って採用してくれる特許事務所は数多くあります。

20代薬剤師弁理士にもう一つ必要なことは語学力です。特許事務所の場合は数多く国際案件を取扱いますし、文献など英文のものが数多くあるので語学力が要求されます。一般的にはTOEICのスコアが600〜700程度あれば、優遇されるでしょう。特許事務所とは少し異なり企業の場合は、弁理士資格者よりも実務経験者を優遇することが多いようです。なかなか実務経験がない弁理士が企業の特許部に勤務するのは難しいかもしれません。企業の場合は、特許部に配属となった社員が特許部で経験を積みながら弁理士の勉強をするケースが多く見られます。

未経験者の弁理士でも企業に勤務出来ないわけではなく、求人も沢山あります。薬剤師弁理士の求人は、電気や機械に比べれば少ないので良い求人は見逃さないようにすることが大切です。一番のお勧めは薬剤師の求人サイトなどにいくつか登録しておき、良い求人があれば担当者に連絡してもらうということです。薬剤師弁理士などの求人は非公開求人と言ってサイトに公開されるのではなく、適任と思った場合に紹介してもらうものが殆どです。非公開求人は優良企業が多く、また受かりやすいのが特徴です。

求人は薬剤師専門の転職エージェントに登録するか、弁理士の転職エージェントにするかどちらかです。どちらでも薬剤師弁理士の求人はありますが、薬剤師専門の転職エージェントのほうがコンサルタントが薬剤師の事情に詳しく、多くの知識をもっているので薬剤師系の転職エージェントがおすすめです。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.