薬剤師弁理士で年収1000万円は可能?

薬剤師弁理士TOP >> FAQ >> 薬剤師弁理士で年収1000万円は可能?

薬剤師弁理士で年収1000万円は可能?

薬剤師が弁理士の資格を取得して、薬剤に関連する特許を含む企業の知的財産に携わる仕事を、製薬会社・化学薬品会社・化粧品会社などのメーカーに転職して行うケースもあります。また、特許事務所に転職して薬剤に関係した業務を遂行することもあります。このように薬剤師の資格を活かしながら違った分野の仕事に転職することも可能です。

薬剤師は高給取りといったイメージがありますが、実際には薬剤師の年収はそれ程高いものではなくて、平均年収は約500万円〜600万円程度と言われています。病院勤務の薬剤師で薬局長クラスになったとしても、年収が1000万円は超えることはありませんし、比較的高収入が得られる大手製薬会社でも、相当上の役職にならなくては年収1000万円に届きません。薬剤師として勤務を続けても、このような状況を考えると年収1000万円は不可能ですが、もし薬剤師弁理士に転職すると年収1000万円は可能なのでしょうか?

薬剤師弁理士は薬剤師と弁理士の資格をダブルで取得している人のことで、特別に薬剤師弁理士という職種があるわけではありません。その為、基本的には薬剤師としての経験や知識を活用して弁理士の仕事をするので、薬剤師弁理士の年収と言っても弁理士全体の年収と変わりません。そこで弁理士の年収はどうなのかというと、勤務先・経験・勤続年数など様々な条件によって大きな差が見られます。ただ、弁理士の年収幅は約500万円〜1200万円で、平均すると約700万円〜750万円程度と言われています。ちなみに、経験別でみると未経験者の場合なら月収は約34万円程度で、3年の経験者なら月収で約40万円程度、5年の経験者で月収は約45万円程度です。

このように経験によって収入に大きな差があることが理解できます。例えば、経験のあるベテラン薬剤師弁理士が、幹部候補生として特許事務所に転職するとなれば、企業では年収が約1000万円だったものが、特許事務所では年収が約1500万円になることもあるのです。また年収範囲からも薬剤師弁理士なら年収1000万円は可能と考えられますし、薬剤師弁理士としての経験があると、さらに年収1000万円の可能性は高くなると言えます。それから弁理士は士業ですから独立開業することも可能で、独立してすぐは難しいですが、営業が順調にいって経営が軌道に乗ると年収が2000万円や3000万円も超えることも少なくありません。ただ、年収1000万円を超えるには、約4〜6年程度のスパンが必要と言われているので、その点も認識しておく必要があります。

薬剤師の弁理士求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師弁理士のFAQ


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師弁理士就職ガイド All Rights Reserved.